溶接、ホルダ用のキャブタイヤケーブルは導線用には不向きですか?

キャブタイヤケーブルの用途についてのQ&A

  • Q
  • 溶接、ホルダ用のキャブタイヤケーブルは導線用には不向きでしょうか?

  • A
  • ホルダ用を導線用としてご使用頂いても問題ございません。
    但し、導線用(例:WCT)よりホルダ用(例:WRCT)の方が柔軟性が高いケーブルとなり、価格もお高くなります。
    金額面・作業性も考慮し、溶接機に近い方は導線用を、手元に近い方はホルダ用のご使用をお勧め致します。

経験・知識豊富!小さな疑問もプロが解決!
キャブタイヤから、ニシチューブ・ハーネスまで!
電線のプロ橋本興産に任せて安心!頼って便利!

電線・ケーブルに関するお問い合わせ、お見積りは今すぐこちらから!

ケーブル・取扱い商品のお問い合わせ・お見積り
キャブタイヤケーブルについて
キャブタイヤケーブルの見積り・購入について
キャブタイヤケーブルのお悩み・トラブル
キャブタイヤケーブルの用途について
お客様からいただいたキャブタイヤケーブルのお問い合わせ

サイト内検索はこちら


cableの購入・通販はcableMART

キャブタイヤケーブルのお問い合わせ・見積依頼はコチラ