お客様の用途にあったWL1、MLFCなどの口出線をご提案いたします!

  • TOP
  • WL1・MLFC 許容電流・仕上外径

WL1・MLFC(低圧口出線)について

フジクラ・ダイヤのEMーLMCFは110℃ではご使用できません。
(※1)古河電工産業電線株式会社はWL1として車両関係にはお使いいただけません

*許容電流の条件は以下のとおりです

  1. 空中一条施設
  2. 導体最高許容温度WL1・口出線:90℃(FDC)、110℃(日立・古河・住友電工)
  3. 周囲温度40℃

(※1)古河電工産業電線株式会社はWL1として車両関係にはお使いいただけません

WL1・MLFCの許容電流と仕上外径について

上記の表はWL1・MLFCの許容電流と仕上外径を各メーカーの商品別に記載したものです。MLFCは国内トップシェアの日立金属(日立電線)の型式です。各メーカーによって許容電流や仕上外径は異なりますので、ご利用の際は注意が必要です。

日立金属(日立電線)の600V MLFCと600V EM-MLFCの違いは、エコの特性を持っているかどうかによって分類されています。他のメーカーについて、古河の600V EM-LMFC、フジクラの600V EM-LMCF、住友電工600V EM-LFCは、エコ品にて統一されています。

WL1の詳しい仕様についてはお問い合わせください

このページを見た人は他にこんなページも見ています

WL2、日立 1500V MLFC、日立 3300V MLFC、日立 6600V MLFC、古河 6600V EM-LMFCの、許容電流、仕上外径を確認できます。
MLFCとは、WL1・WL2の国内トップシェアメーカーの日立金属(日立電線)の型式です。日立 MLFCの構造や特徴、型番、他メーカーの代替品を確認できます。
WL1、WL2の用途、構造を確認できます。
自分の希望している用途に最適なケーブルがWL1で良いのか分からない方、他のケーブルも一緒にお見積りしたい方はこちらで、商品を確認できます。

サイト内検索はこちら


cableの購入・通販はcableMART

キャブタイヤケーブルのお問い合わせ・見積依頼はコチラ