お客様の用途にあったWL1、MLFCなどの口出線をご提案いたします!

  • TOP
  • WL1・MLFC 許容電流・仕上外径

WL1・MLFC(低圧口出線)について

WL1・MLFC(口出線)−許容電流・仕上外径比較表

WL1・MLFCの許容電流と仕上外径について

下記の表はWL1・MLFCの許容電流と仕上外径を各メーカーの商品別に記載したものです。MLFCは国内トップシェアの日立金属(日立電線)の型式です。各メーカーによって許容電流や仕上外径は異なりますので、ご利用の際は注意が必要です。

日立金属(日立電線)の600V MLFCと600V EM-MLFCの違いは、エコの特性を持っているかどうかによって分類されています。他のメーカーについて、古河の600V EM-LMFC、フジクラの600V EM-LMCF、住友電工600V EM-LFCは、エコ品にて統一されています。

許容電流表の確認方法FAQ(よくいただく質問を掲載しています。)

サイト内検索はこちら


cableの購入・通販はcableMART

キャブタイヤケーブルのお問い合わせ・見積依頼はコチラ