• TOP
  • REVConnect(アールイーブイコネクト・通称レブコネクター)

REVConnect(アールイーブイコネクト・通称レブコネクター)

REVConnect(アールイーブイコネクト・通称レブコネクター)について

橋本興産が、LANケーブル先端に接続用端子(プラグ)を取り付ける成端(せいたん)作業でぜひとも使っていただきたいのが、米国BELDEN社製のREVConnect(アールイーブイコネクト)です。
国内では、通称「レブコネクター」と呼ばれます。

レブコネクターを使用すれば、成端作業が、誰でも簡単に、スピーディーにできます。

レブコネクターは現場先端コネクタの一種で、北米や欧州で多く導入されています。
専用のMPTL対応のプラグとジャック、工具を使います。

作業工程は「取付」と「圧着」だけととっても単純。
レブコネクターの扱いに慣れれば、これまで電気工事業者でも10分ほどかかっていた作業が、わずか1分で出来たりします。
驚くほど、簡単なんです。

600V MLFC-またレブコネクターを使うメリットは、取り付け作業の簡単さのほか、カテゴリーの違うLANケーブルに1つのコネクタ(プラグ)で対応できることもあります。

国内には大きく分けて、カテゴリー5e(CAT5e)、カテゴリー6(CAT6)、カテゴリー6A(CAT6A)の3つの種類のLANケーブルがありますが、従来はそれぞれに適合するコネクタを準備し、それぞれのコネクタに合った作業が必要でした。

レブコネクターなら1つの統一コネクタで、作業も同じ。
電気工事業者にとっては、作業スピードのアップのほか、1つで統一できるので、整理整頓しやすいメリットもあります。

米国製ですが、国内に十分な在庫がありますので安心してください。

今、Wi-Fiのハブや監視カメラなど、PoE機器やloT接続機器が増え続け、現場でのLANケーブルの成端作業も増加しています。
文部科学省が打ち出した「GIGAスクール構想」で、学校に高速ネットワーク環境をつくるための校内LAN整備も始まります。

これまでめんどうだった現場でのLANケーブル成端作業が、橋本興産イチオシのレブコネクターがあれば、簡単で、スピードアップできます。
レブコネクターに興味を持たれた方は、橋本興産まで気軽にお問い合わせください。

▲ このページのトップへ

お探しの情報や、商品は見つかりましたか?

見つからない場合や、ご不明点がある場合には、お気軽にご連絡ください。
用途に合わせたケーブル選定も可能ですので、お問い合わせください。お客さま個々のニーズに合わせた商品のご提案を行っています。

橋本興産では、オンラインでの商品販売も行っておりますので、併せてご活用ください。

サイト内検索はこちら


cableの購入・通販はcableMART

キャブタイヤケーブルのお問い合わせ・見積依頼はコチラ