熱収縮チューブ『レイケムチューブ』の用途・特徴をご紹介致します。

  • TOP
  • 熱収縮チューブ レイケムチューブ製品紹介

熱収縮チューブ

レイケムチューブ(サーモフィット熱収縮チューブ)とは

レイケムチューブは、メーカーが代わり、現在はサーモフィット熱収縮チューブと呼ばれています。

サーモフィット熱収縮チューブとは、ポリオレフィン、フッ素系ポリマー、エラストマー材料に放射線架橋することで熱収縮特性を持たせたチューブのことです。

チューブを取り付けた後に加熱すると、被せられたの材料の形に合わせてどのような形にも収縮します。レイケムチューブを被せることにより、絶縁、機械的保護、補強、美観などが向上します。

レイケムチューブ(サーモフィット熱収縮チューブ)の種類

一層熱収縮チューブ

レイケムチューブには、一層と二層の2種類があります。さらに一層熱収縮チューブは厚さ別に3種類に分かれます。

  • 薄肉タイプ
  • 中肉厚タイプ
  • 肉厚タイプ

二層熱収縮チューブ

二層熱収縮チューブは、内側の層に接着剤や包埋剤を使い、加熱中に溶けて流れ出ることで、耐環境性能を向上させることができます。包埋剤は、水がかかるなど、腐食する環境からコネクタや部品を保護します。

接着剤はプラスチック、金属、ゴム、それ以外の基板に対する防水性があります。

レイケムチューブ(サーモフィット熱収縮チューブ)の用途

  • 線や部品の耐熱保護や絶縁保護、機械的保護
  • 電線の結束
  • 電線端末や電線接続部の防水処理
  • 金属配管の防錆
  • 電線や部品の耐油、耐薬品保護
  • 電線や部品の識別や装飾
  • コンデンサや電池の被覆材

レイケムチューブ(サーモフィット熱収縮チューブ)の選定方法

レイケムチューブは用途により種類が豊富です。
どのレイケムチューブが良いか分からない場合は、以下の項目を添えて問い合わせてください。
熱収縮チューブに詳しい専門スタッフが選定してくれます。

  • 用途
    • 電線接続部の絶縁、各種ブスバーの絶縁、屋外で使用される部品の絶縁(耐候性)
    • 金属パイプの接続部の防水・防食保護 など
  • 被物体外径

▲ このページのトップへ

お問い合わせ・お見積り

サイト内検索はこちら


cableの購入・通販はcableMART

キャブタイヤケーブルのお問い合わせ・見積依頼はコチラ