長崎のシンボル 路面電車の会社を訪ねて 〜長崎電気軌道見学記〜 2014/12/06

西山梨緒

長崎市民の足を支えるケーブル

長崎市民の足、路面電車。坂が多く、少ない平地にびっしり建物が並ぶ市街地では、電車が何よりの交通手段であり、市民にとっては今も昔も心に浮かぶふるさとの情景である。

気軽に乗れてどこまで行っても120円。沿線には観光スポットもたくさんある。観光客にとっても大変便利な移動手段だ。

橋本興産は路面電車路線を営業する長崎電気軌道様に長い間、ケーブルやランプ等を納入させていただいている。私自身、普段お客様に納めているケーブルが、実際にどこでどのように使用されているのかなかなか把握できていなかった。「百聞は一見にしかず」というわけで今回、念願かなって実際の作業を見せてもらうことになった。

電車の心臓部に納入したケーブルが!

  • (図1)
  • (図2)

早速、本社の隣にある車両工場へ向かうと、点検中の車両が出迎えてくれた。(図1)

工場に入ると、大きな製品に取り付けられたケーブルがすぐ目に飛び込んできた。(図2)。

近づいて確認するとケーブルは弊社が納めている商品である。商品名はWL1。
※こちらではWl1の中で【メーカー:日立電線のMLFC】が使用されている。

WL1と言えば、耐熱性・難燃性・電気特性・可とう性(柔軟性)・耐寒性に優れており、何より車両用の規格を満たしたケーブルである。実際に使用される方はどのように呼んでいるのだろうか気になった。

作業をされている方に尋ねると、普段は「22SQ(スケア)〜、38SQ(スケア)〜」とサイズだけを呼ぶという。ケーブル名については特に意識されていないみたい。それだけWL1というケーブルが鉄道・車両会社で当たり前に使用されているのか。

作業員の方が、WL1は路面電車のモーターの配線として使用していると、教えてくださった。電車を動かす心臓部といえる部分に弊社が納入しているケーブルが使われているのは嬉しい。

安全運行を支える作業員 表情は真剣

  • (図3)

工場の奥へ進むと、車輪と車体を点検される作業員の方々がおられた。(図3)
事故を未然に防ぐ目的で定期的に車両の点検・整備しているという。
電車を安全に走行させるために損傷・不具合がないか、車輪一点一点を細かく確認している。その表情は真剣だ。
面電車が安全で快適に運行できているのは、当たり前のことではない。作業員の方々が、普段からかかさない取り組みの積み重ねがあるから、とあらためて感じた。

座面の温かさの正体は、座席下のケーブル!

特別に、点検中の車内の中まで案内していただいた。
普段、電車で座っている座面が、何で温かいのだろうと思ったことはないだろうか。実は何気なく座っている座席の下にもケーブルが使われている。

  • (図4)

座席の下に使用されているケーブルはVCT-Fといった灰色のビニルのキャプタイヤコードでヒーターの電源用に使われている。(図4)。
弊社でも、取り扱っているケーブルだが、このケーブルは汎用性が高いので、いろいろな場所で使用されていた。
例えば、ドアの開閉を行う時の電源線にもこのVCT-Fを使っている。

ふるさとの情景を守る長崎電気軌道 100年続く努力に感謝!

最後に・・・・

全国各地で路面電車の姿が消えていく中、大正4年に走り始めた長崎の路面電車は、100年経った今でも変わらず、長崎市民の足として活躍している。毎日たくさんの人を乗せ、休むことなく朝から晩まで走り回っている。

市民のために頑張る、その堂々とした姿は、長崎を語る上で欠かせない景色の一部になっている。

そんな存在になったのも、安全、そして定時運行を心がけて運営する長崎電気軌道の皆様の並々ならぬ努力があったからだと思う。取材をして、その日々の取り組みに自然と頭が下がった。

地元のお客様の安心・安全の為、真剣に点検・整備をされる作業員の方々がいることを知った。そんな方たちを支えるため、私たちも迅速かつ丁寧に、高品質の商品を納入し続けたい。

忙しく作業される中、丁寧に案内してくれた社員の皆様、大変ありがとうございました。

▲ このページのトップへ

長崎電気軌道様を取材させて頂きました