KPEVと呼ばれる弱電計装ケーブルについて

  • 取扱ケーブル一覧
  • 用途別取扱ケーブル表
  • ケーブル関連商品一覧

KPEV(弱電計装ケーブル)をお探しの方へ

※メーカー:JMACS(旧日本電線工業)【計装ケーブル】について
震災の影響により資材調達が困難な材料が一部でてきております。
その為、計装ケーブルのシース(従来はつや消し)の製品が一部製作出来なくなっております。
当分の間はシース(つや有り)での出荷となり、シース材の入手が平常になり次第順次切り替えとなり、つや消しとつや有りが混在する可能性があります。
しかし、シース材の難燃性(UL VW−1)・耐撚性・耐油性は以前と同等です。

お客様の用途にあったKPEVをご提案いたします!

国内有名メーカー各社のケーブルが全て取り扱い可能ですので、小ロット対応や納期のご相談など、お客様の用途にあったケーブルを国内有名メーカーの中から選定し、納入までをお手伝い致します。

  • 各種用途でケーブル選定にお悩みの方
  • 現在お使いのケーブルでは品質に不安がある方
  • 小ロットでの納入をお求めの方
  • 納期に条件がある方

このような場合でも、橋本興産の専門スタッフが確かな技術で親切に対応しております。
ぜひ、お気軽にお問合せ下さい。

KPEVの素材

無料 ケーブル商品の選定・ケーブルのお問い合わせはこちら

KPEVについて

KPEVの用途について

KPEVとは弱電計装ケーブルとも呼ばれる、小勢力回路用(使用電圧60V以下)のケーブルです。
主に工場内における各種生産設備の自動制御や集中監視システム等の配線、またはオフィスにおけるコンピュータシステムの回線などに使用されます。

KPEVの構造について

KPEVの構造は、メーカーによる違いはありません。
また、用途によって、どの構造のKPEVを使用するかは異なりますので、詳しくは橋本興産までお問い合わせ下さい。

同心より形KPEVの構造図対より形KPEVの構造図

KPEVの購入をお考えの方へ

KPEVをご購入の際に必要な要素について

KPEVを選定する際、まずは型式をお申し付け下さい。
同心より形の場合は心数、対より形の場合は対数を指定して下さい。
また、選定の際には電線のサイズ(SO)の指定も必要となります。サイズが大きい場合は、KPEVの仕上外径と概算重量もご確認ください。
KPEVのご購入をお考えの方は、橋本興産までお気軽にお問い合せ下さい。

「KPEV」の名前の由来

電圧60V以下の弱電計装ケーブルを総称して「KPEV」と呼ばれています。

・K:計装用ケーブル
・P:対より形
・E:ポリエチレン絶縁
・V:ビニルシース

ただし、使用用途によって正式な型式を選定する必要があります。
詳しくは、橋本興産までお問い合わせ下さい。

▲ このページのトップへ

用途・使用条件などを連絡すれば、ケーブルのプロが商品を選定してくれる!お問い合わせ・お見積り

KPEV(弱電計装ケーブル)について