橋本興産について

電線・ケーブルの使用場所に関する問題解決事例

こちらでは、ケーブルの使用場所に関する、問題点と解決案・効果についてご紹介しています。問題解決事例を参照することで、問題解決のヒントとしてお役立て下さい。電線・ケーブルは自動車関連や各種工場を始め、様々なものづくりの現場で使用されています。現場での急な欠損や、ケーブルを小ロットで購入したいなど、お客様のニーズにお応えします!
使用場所に関するお悩みやご質問をお持ちの方は、お気軽に橋本興産までお問い合わせください。

電線・ケーブルの使用場所に関する問題解決事例

  • 豊富な納入実績でお客様の作業効率UPを追及!
  • ご希望・お悩みをお持ちの方は、お気軽に橋本興産へ

無料 ケーブル商品の見積もり・納期のお問い合わせはこちら

風力関係の使用場所に関するご質問

1)風力関係の使用場所に関するご質問(発電機メーカー様より)

Q:大型風力発電設備においての発電機とコンバータ間の動力ケーブルを探しています。風車上部は風向きにより旋回しますが、回転角400度以内を想定し尚且つ1000V又は3000Vの高圧ケーブルです。おそらくキャブタイヤケーブルになるかと思いますが、国内外含め風力発電専用ケーブルなど専用ケーブルはありますか?それともキャブタイヤケーブルで「3種」「4種」あたりになりますか?

A:
受注製作品の為、十分なお打合せが必要となります。その為、メーカーと同行にてご訪問し詳細なお打合せを行いました。
あわせて風力発電用ケーブルの製作実績もお伝えしました。

音響装置の使用場所に関するご質問

2)音響装置の使用場所に関するご質問(イベント用電気設備業様)

Q:仮設の簡単な音響拡声装置用のスピーカーケーブルとして使用します。0.75で2線、ケーブル外色は黒色が良いのですが、灰色でも結構です。
外形直径は6〜7mm位まででないと端子が入りません。30m×2本入用ですので、60m購入となります。常時使用では無いので出来るだけ安価な商品を希望しています。小判型はよれてしまうので、丸形のケーブルが希望です。外皮膜の材質は問いませんが、出来れば柔らかい方が良いです。

A:
仮設用の為条件に基づき安価なシールドなしのソフトタイプのVCT-Fを選定しました。ソフトタイプのVCT−Fは被覆の色も黒色で、「軟らかくて黒色くて丸型が良い」との条件にもピッタリでした。VCT、VCT-Fケーブルは、音響装置や舞台装置にもよく使われるケーブルです。
お客様のご予算とも合ったようで、喜んでいただけました。

用途・使用条件などを連絡すれば、ケーブルのプロが商品を選定してくれる!お問い合わせ・お見積り

使用場所の問題解決