取扱商品について

  • 取扱ケーブル一覧
  • 用途別取扱ケーブル表
  • ケーブル関連商品一覧

日立のフレックスパワーケーブル「600V LVFC」

最小曲げ半径はCVケーブルの約60%小さい!日立の600V設備用ケーブルLVFC

LVFCは日立金属(株)の登録商標です。

無料 ケーブル商品の選定・ケーブルのお問い合わせはこちら

日立LVFCケーブルと、2PNCTやCVケーブルなど従来のケーブルの違い

曲げ半径が小さいのでプラント内の狭いスペースでもらくらく!

パワーコンディショナー周りなど
メガソーラ設備間の省スペース化を実現

従来のケーブル

これまでのケーブルは固く、取り回しにくかった。
また、狭所での敷設が難しかった。

日立のフレックスパワーケーブル「600V LVFC」

LVFCは驚きの柔らかさで、これまで敷設が困難だった
プラント内などの狭いスペースでも楽に配線できる。

柔軟性に優れ、地震の揺れにも大丈夫!

免震構造物でも、地震の揺れに柔軟に追従し
接続機器への負荷を軽減

従来のケーブル

ケーブルに十分な柔らかさが無いため、免震構造の建物では、
建物が揺れた時に、接続機器へ負担がかかってしまう。

日立のフレックスパワーケーブル「600V LVFC」

LVFCは地震の揺れに追従し、敷設場所や接続機器への
無理な力がかからない。
さらにオフセットスペースが小さくても配線できる。

-50度の耐寒性能。寒冷地でも安心!

-50℃〜90℃の厳しい環境でも利用可能

従来のケーブル

これまでのケーブルは利用可能な耐寒・耐熱温度の範囲が狭かった。

日立のフレックスパワーケーブル「600V LVFC」

耐寒・耐熱性にが-50℃〜90℃で、厳しい環境下でも敷設可能。(振動、屈折、衝撃などを受ける場合は事前の確認が必要)

機器との接続で個別設計は必要なし!

煩わしい個別設計なしで、配線設計が可能

従来の機器接続

機器接続にフレキシブル導体やブスパーを用いる時は、
個別設計が必要で、商品を特注する必要があった。

日立のフレックスパワーケーブル「600V LVFC」

やわらかいLVFCなら、機器間の距離に合わせて、たわむため、
個別設計の手間をかけずに配線設計ができる。

用途・使用条件などを連絡すれば、ケーブルのプロが商品を選定してくれる!お問い合わせ・お見積り

日立LVFCケーブルの構造表・許容電流値

サイズは4種類・太いサイズに対応しています!

日立のフレックスパワーケーブル「600V LVFC」 構造表・許容電流値

600V LVFC(TA)構造表
導体 絶縁体厚さ
(mm)
シース厚さ
(mm)
仕上外径(約mm)
公称断面積
(m㎡)
外径
(mm)
LVFC
(TA)※1
CV 2PNCT
※3
325 27.0 2.5 2.1 35.5 31 38
250 23.6 2.5 2.0 32.0 28 35
200 21.2 2.5 1.9 29.5 26 32
150 18.7 2.0 1.7 25.0 22 27
600V LVFC(TA)許容曲げ半径と許容電流値
導体 許容曲げ半径(約mm) 許容電流(A)※2
公称断面積
(m㎡)
外径
(mm)
LVFC
(TA)※1
CV 2PNCT
※3
LVFC
(TA)※1
CV 2PNCT
※3
325 27.0 142 248 228 794 764 694
250 23.6 128 224 210 695 653 600
200 21.2 118 208 192 611 574 526
150 18.7 100 176 162 508 479 438

※1 ケーブル外径の4倍(メーカー保証値)
※2 許容電流算出条件;導体許容温度90°C(2PNCTは80°C)、周囲温度 40°C、気中一条布設
※3 電気設備技術基準上、2PNCTを配線用途に使用する場合、300V以下

日立LVFCケーブルの特徴

片手で掴める柔らかさ。女性でも簡単に曲げられる。電気設備技術基準・解釈に適合し、ケーブル工事にも適用。

LVFCはCVケーブルなどの従来のケーブルに比べて良好な柔軟性と温度特性を実現した600V設備用ケーブルです。
電気設備技術基準・解釈に適合し、ケーブル工事にも適応できます。

可とう性

最小曲げ半径をCVケーブルより小さくでき、
従来のケーブルに比べて柔軟性に優れています。

耐寒性・耐熱性

-50℃〜90℃の厳しい環境下でも利用できます。

ケーブル工事に使用可能

シース(外装)があるので、これまで絶縁電線ではできなかった
ケーブル工事でも使用できます。電気設備技術基準・解釈に適合。

難燃性

JIS60度傾斜難燃試験に合格。

配線

本ケーブルは固定配線でご使用ください。
移動用のケーブルとしては使用できません。
長期間ケーブルが水没する環境では使用しないでください。

電流

交流では600V、直流では750Vまで使用できます。

片手でらくらく曲がる
女性の力でも曲がる柔らかさ
左: CVケーブル 250SQ
右: LVFCケーブル 250SQ

日立LVFCケーブルの用途例

これまで敷設が困難だった<br />狭い場所に!

プラント狭所配線

メガソーラ設備で狭いピット配線でも!

太陽光発電設備

免震構造物で、地震の揺れにも柔軟に追従!

免震構造物の機器接続

用途・使用条件などを連絡すれば、ケーブルのプロが商品を選定してくれる!お問い合わせ・お見積り

LVFCは日立金属(株)の登録商標です。

日立 フレックスパワーケーブル 600V LVFC