WL1・WL2・MLFCのメーカー別比較表について

  • 取扱ケーブル一覧
  • 用途別取扱ケーブル表
  • ケーブル関連商品一覧

MLFCとは

MLFC 配電盤、モーター、発電機、溶接機、変圧器の配線に使用

MLFCは国内トップシェアの日立金属(日立電線)の型式です。

MLFCの用途

MLFCは主に配電盤やモーター、発電機などに使用されるケーブルです。
配線方式につきまして、ご不明な点がございましたら橋本興産までお問合せ下さい。

MLFCの特徴

MLFCはキャブタイヤケーブルの進化系として、最高レベルの安全性と信頼性を誇る電線・ケーブルです。耐熱性・難燃性・電気特性・可とう性(柔軟性)・耐寒性に優れています。

MLFCのメーカー比較表について

※国内有名メーカー各社のケーブルが全て取り扱い可能です。
※小ロット対応や納期のご相談など、お客様の用途にあったケーブルをメーカーの中から選定し、納入までをお手伝い致します。

呼称 電圧 エコ対応 日立金属(日立電線) 古河電工産業電線 FDC
(フジクラ・ダイヤ)
住友電工産業電線
口出線 600V   600V MLFC
エコ対応 600V EM-MLFC 600V EM-LMFC 600V EM-LMCF 600V EM-LFC
高圧口出線 1500V   1500V MLFC
エコ対応 1500V EM-MLFC
3300V   3300V MLFC
エコ対応 3300V EM-MLFC
6600V   6600V MLFC
エコ対応 6600V EM-MLFC 6600V EM-LMFC

無料 ケーブル商品の見積もり・納期のお問い合わせはこちら

WL1の構造

MLFCの構造

構造は〔導体〕〔セパレーター〕〔絶縁体〕から成る単芯の電線です。
日立金属(日立電線)は一般とエコ品は分類されますが、他メーカーはエコ品にて統一されています。

MLFCの用途

MLFCは、このような用途にご使用いただけます。

盤内配線・電気機器口出線用
配電盤・モーター・発電機・溶接機・変圧器・産業機器
高圧・高温配線

▲ このページのトップへ

MLFCの購入をお考えの方へ

MLFCの許容電流と仕上外径をご確認ください

MLFCを選定する際は、許容電流と仕上外径をご確認ください。導体のサイズや絶縁体の厚さによって流すことができる適正な電流(A:アンペア)、許容電流が定められています。MLFCの許容電流は、同じサイズでも、メーカーによって違う場合があります。また、布設する条件によっては許容電流の補正も必要な場合があります。
MLFCの購入をお考えの方は、こちらの許容電流・仕上外径表にてMLFCの許容電流と仕上外径をご確認ください。

MLFCへの変更の一例

従来ご利用になっているHIV等のケーブルを新しくする際には、MLFCへの変更をご提案しております。

従来・・・HIV→変更後・・・600V MLFC

MLFCへ変更することによって、このような利点があります。

(1) 安全性が向上します。
(2) 許容電流が大きくとれるため、電線のサイズダウンが可能となります。
(3) 可とう性(ケーブルの柔軟性)が良くなります。
(4) 口出し性が容易となります。

詳細はこちらの表をご参照ください。

項目 構造仕様 配線上の得失 性質
絶縁体 最高使用温度(注1) 電流容量 可とう性 耐寒性 耐候性 耐油性
従来
HIV
耐熱PVC 75℃ 85
変更後
600V MLFC
耐燃性XLPE 90℃(110℃) 100

(注1)最高使用温度の( )内の値は口出線として使用する場合の値を示す。

「MLFC」の名前の由来

「MLFC」は、各メーカーによって「MLFC」「LMCF」「LMFC」など異なった呼称で呼ばれています。
  • M:MOENIKUI
  • L:LEAD WIRE(口出線)
  • F:FLEXIBLE(可とう性)
  • C:CROSS-LINKED POLYETHYLENE(架橋ポリエチレン)

▲ このページのトップへ

お問い合わせ・お見積り

MLFCとは