キャブタイヤケーブルのお悩み・トラブルについてのQ&A

キャブタイヤケーブルが溶解した(溶けた)のですが?

A

キャブタイヤケーブルが使用環境により溶解してしまったり、キャブタイヤケーブルの被膜が溶けた場合は、危険ですのでお取り替えをおすすめしております。
溶解してしまうケースとしては、鉄鋼所などの特別な環境で、熱に対する充分な対応が出来ていなかった場合や、溶剤にキャブタイヤケーブルが合わなかった場合が考えられます。

橋本興産では、用途に合わせたキャブタイヤケーブルの選定が可能ですので、ご使用されていた(溶けた)キャブタイヤケーブルの種類・使用環境・状況をご連絡ください。

ケーブル・取扱い商品のお問い合わせ・お見積り
  • 経験・知識豊富!小さな疑問もプロが解決!
  • キャブタイヤから、ニシチューブ・ハーネスまで!
  • 電線のプロ橋本興産に任せて安心!頼って便利!
お客様からいただいたキャブタイヤケーブルのお問い合わせ

キャブタイヤケーブルについてもっと詳しく知りたい方はこちらから!!

キャブタイヤケーブルのQ&A:溶解について