キャブタイヤケーブルについてのQ&A

ドラム巻きでキャブタイヤケーブルの配送は可能ですか?

A

ドラム巻きでキャブタイヤケーブルの配送が可能です。
通常は、ドラム巻きにするかどうか、メーカーがケーブルのサイズや数量で決定しています。束巻きの場合でも、ドラム巻きのご要望があれば可能な場合がございます。巻き替えの場合は、ドラム代や手数料が必要となります。

ドラムをご使用の場合、ご要望があればキャブタイヤケーブル自体の重さ・ドラム込みの重さ・ドラムのサイズをお伝えいたします。ドラムを使用すると、「転がせるため移動が簡単」・「巻きながらの利用が可能」、などといったメリットがあります。

また、ドラムサイズが大きく、重量がかなりある場合は、荷降ろしを考慮しユニック車での配送手配を行っております。なお、キャブタイヤケーブルの長さが短すぎる場合、ドラムに巻けない場合もあります。

使用済みのドラムは、ドラム回収の専門業者により回収された後、再生されます。ドラム回収業者のご紹介も行っておりますので、必要な方はお申し付け下さい。

ドラムについて詳しくは、橋本興産までお気軽にお問い合わせ下さい。

ケーブル・取扱い商品のお問い合わせ・お見積り
  • 経験・知識豊富!小さな疑問もプロが解決!
  • キャブタイヤから、ニシチューブ・ハーネスまで!
  • 電線のプロ橋本興産に任せて安心!頼って便利!
お客様からいただいたキャブタイヤケーブルのお問い合わせ

キャブタイヤケーブルについてもっと詳しく知りたい方はこちらから!!

サイト内検索はこちら

cableの購入・通販はcableMART

キャブタイヤケーブルのお問い合わせ・見積依頼はコチラ

キャブタイヤケーブルのことならお任せください!

キャブタイヤケーブルの価格について

キャブタイヤケーブルを探したい
キャブタイヤケーブルを比較したい
キャブタイヤケーブルを詳しく知りたい

キャブタイヤケーブルのQamp;A

キャブタイヤケーブルの注意事項

キャブタイヤケーブルのお問い合わせ・見積依頼はコチラ

取扱ケーブル一覧を見る

関連商品一覧を見る

橋本興産について お客様の声 ご購入について 島原鉄道見学記 長崎電気軌道見学記
キャブタイヤケーブルのQ&A:"キャブタイヤケーブル ドラムについて"