キャブタイヤケーブルについて

溶接用キャブタイヤケーブル

溶接用キャブタイヤケーブルとは

溶接用キャブタイヤケーブル
溶接用キャブタイヤケーブルは、アーク溶接機の2次側に使用されるキャブタイヤケーブルです。
溶接機のケーブルは地面を引きづり回す事が多いため、丈夫で柔軟になっています。

溶接用キャブタイヤケーブルの種類

溶接用キャブタイヤケーブルの種類

溶接用キャブタイヤケーブルは、用途や素材により、WCT、WNCT、WRCT、WRNCTの4種類に分かれます。

用途は大きく2つあり、導線用とホルダー用があります。
導線用は、延長線用として使用されます。ホルダー用は、手元線として使う柔らかいタイプです。

導線用
導線用
ホルダ用
ホルダ用
記号 素材  
WCT 導線用天然ゴム
シースケーブル
導線用として使用するもので、
天然ゴムシースで被覆したもの
WNCT 導線用クロロプレンゴム
シースケーブル
WCTと同じ構造で、天然ゴムシースを
クロロプレンゴムシースにおきかえたもの
WRCT ホルダ用天然ゴム絶縁
天然ゴムシースケーブル
ホルダ用として使用するもので、天然ゴム絶縁体に
天然ゴムシースを被覆したもの
WRNCT ホルダ用天然ゴム絶縁
クロロプレンゴムシースケーブル
WRCTと同じ構造で天然ゴムシースを
クロロプレンゴムシースにおきかえたもの

WCT、WNCT、WRCT、WRNCTの特徴についてはこちら

レングスマーク付きの溶接用キャブタイヤケーブルについて

電線サイズやメーカーによっては、1m毎にレングスマークと言われる条長表示をしている溶接用ケーブルがございます。
レングスマーク付の溶接ケーブルが欲しい場合は、お問い合わせください。

溶接用キャブタイヤケーブルの選定方法

溶接ケーブルは地面を引きずり回すことが多いので、丈夫で柔軟な溶接用のキャブタイヤケーブルを使用してください。

溶接ケーブルは長くするほど、または電流が大きくなるほど、太いサイズを使用しなければなりません。
細いケーブルを使用すると、ケーブル自身の抵抗によって溶接ホルダの母材間の電圧が降下し、アークの不安定原因となって溶接作業もやりにくくなったり、溶接ケーブルが溶けたり、また溶接機の故障の原因にもなります。
そのため、溶接用キャブタイヤケーブルの選定では、最適なサイズを選ぶことが必要です。

溶接ケーブルの最適なサイズは、必要な長さによって決まってきます。
どのケーブルサイズが最適かは、溶接機メーカーに確認する必要があります。
ケーブル選定をご依頼される前に、溶接機メーカーにご確認ください。

無料 ケーブル商品の見積もり・納期のお問い合わせはこちら

経済タイプの溶接用キャブタイヤケーブルについて

溶接用キャブタイヤケーブル
絶縁材料に耐燃性、耐熱性に優れたポリエチレンを使用した溶接用ケーブルがございます。
従来ご使用の溶接用ケーブルに比べ、耐熱性に優れており、許容電流が大きく取れますので
サイズダウンが可能となり、細いケーブルをご使用いただけます。

そのため各メーカーでは、エコノミ—タイプ(経済タイプ)溶接ケーブルや
スレンダー(細身)タイプ溶接ケーブルとも呼ばれています。
耐候性、耐熱性に優れ、オゾン亀裂が発生しないため、使用寿命が長くなります。

1〜2サイズダウンしたものを使用出来るため、移動作業の際、軽くて使いやすくなり作業をする方の負担も軽くなります。
ご不明な点がある方や、お見積りをご希望の方は、お気軽に橋本興産までお問い合わせください。
経済タイプ溶接用キャブタイヤケーブルのメーカー別型番比較表

経済タイプ溶接用キャブタイヤケーブルは、メーカーごとに型番が違います。
用途とメーカーが決まっている方は、こちらの表で型番をご確認の上、お問い合わせください。

  冨士電線 三ツ星 富士電線工業 住友電工産業
導線用 S-WCT
(スレンダー)
E-WCT
(エコノミー)
導線用
F-ロン
NHWCCT
ホルダー用 S-WRCT
(スレンダー)
E-WRCT
(エコノミー)
ホルダータイプ
F-ロン

お問い合わせ・お見積り

溶接用キャブタイヤケーブル