キャブタイヤケーブルのお悩み・トラブルについてのQ&A

キャブタイヤケーブルにヒビ・傷が入ってしまったのですが?

A

キャブタイヤケーブルは通電しているのに、被覆にヒビや傷が入ると、そのヒビや傷から水や溶剤などが浸潤して寿命が短くなってしまうことがあります。

また、ヒビや傷からの浸潤が進んだキャブタイヤケーブルは、絶縁機能が弱くなる場合があります。
そのようなキャブタイヤケーブルを使用し続けると、漏電してしまうこともありますので、大変危険です。

ヒビや傷が入ってしまったキャブタイヤケーブルは、お取り替えをおすすめします。
ご不明な点がありましたら、橋本興産までお問い合わせ下さい。

ケーブル・取扱い商品のお問い合わせ・お見積り
  • 経験・知識豊富!小さな疑問もプロが解決!
  • キャブタイヤから、ニシチューブ・ハーネスまで!
  • 電線のプロ橋本興産に任せて安心!頼って便利!
お客様からいただいたキャブタイヤケーブルのお問い合わせ

キャブタイヤケーブルについてもっと詳しく知りたい方はこちらから!!

キャブタイヤケーブルのQ&A:ヒビ・傷について